足立智美《ディープ・スロート》または《超低音デュオ》(2017)解説


足立智美《ディープ・スロート》または《超低音デュオ》
(低音デュオ第9回演奏会ではこの2曲のうちの《超低音デュオ》が演奏されました。)

《ディープ・スロート》は音楽におけるセックスとジェンダーと政治の問題を扱っている。ディープ・スロートは1972年に大ヒットしたポルノ映画のタイトルであり、喉にクリトリスがある女性というばかばかしい設定は、フェラチオの一形態を示す言葉にもなった。バリトンは男声であり、チューバは金管楽器の中でもとりわけ男性奏者が多いことで知られる。片方は生物学的な背景を持ち、もう片方はジェンダー・イシューである。バリトンは喉を人前に晒し、チューバ奏者は巨大な筒を口に咥える。バリトンとチューバという固有の組み合わせ、そして低音域にはセックスとジェンダーが見え隠れしている。ディープ・スロートは1972年のウォーターゲート事件、ニクソン大統領再選委員会が民主党本部の盗聴を試み失敗した事件で、ワシントン・ポスト紙へ情報を極秘に提供し続けた政権内人物のニックネームでもある。この情報提供者が誰かは完全に秘匿されヘンリー・キッシンジャーからあげくはジョージ・H・W・ブッシュの名前が取り沙汰され、アレクサンダー・ヘイグが有力な可能性とされていきたが、FBI副長官だったマーク・フェルトが2005年に自ら告白する形で決着を見た。ワシントン・ポストの記者、ボブ・ウッドワードからディープ・スロートへの接触の合図は高校生時代に嗜んでいたチューバをバルコニーでケースに出し入れすることで(これがどのように監視できたかは現在に至るまで完全な謎である)、ディープ・スロートからはニューヨーク・ポスト紙(ワシントン・ポストと違いこちらはタブロイド)へのバリトン歌手のデイティング広告という奇妙な形式をとった。ここから政治と権力と性と音楽の間の無意識の力関係がみてとれるかもしれない。

《超低音デュオ》は音楽の上演に、いかに低い音を、それも可聴音域以下の音を、とりいれるかを模索したものである。拡大していかなる周期的運動も音の延長で考えることができる。例えばこの文章も繰り返し読めば、音の延長として把握できる。この曲の構成要素のすべては以下の式で表すことができる。(音の速度が秒速345mの場合)

周波数 (Hz) = 345/メートル = BPM / 60

これによって、音程、空間、テンポを一貫した方法で扱うことが可能になる。 実際の適応においてはアナログシンセサイザーのLFOの使い方を参考にしている。すなわち増幅変調、周波数変調、フィルター操作、サンプル&ホールドである。この作品は完全に並行して作曲された《ディープ・スロート》の対であり、私の作曲作品の中では例外的に政治的な作品であると同時に、人間の可聴音域以上のみを使った純粋な電子音楽作品《超人のための音楽》とも対をなす。

《超低音デュオ》は音楽の上演に、いかに低い音を、それも可聴音域以下の音を、とりいれるかを模索したものである。拡大していかなる周期的運動も音の延長で考えることができる。例えばこの文章も繰り返し読めば、音の延長として把握できる。この曲の構成要素のすべては以下の式で表すことができる。(音の速度が秒速345mの場合)

周波数 (Hz) = 345/メートル = BPM / 60

これによって、音程、空間、テンポを一貫した方法で扱うことが可能になる。 実際の適応においてはアナログシンセサイザーのLFOの使い方を参考にしている。すなわち増幅変調、周波数変調、フィルター操作、サンプル&ホールドである。この作品は完全に並行して作曲された《ディープ・スロート》の対であり、私の作曲作品の中では例外的に政治的な作品であると同時に、人間の可聴音域以上のみを使った純粋な電子音楽作品《超人のための音楽》とも対をなす。

《超低音デュオ》は音楽の上演に、いかに低い音を、それも可聴音域以下の音を、とりいれるかを模索したものである。拡大していかなる周期的運動も音の延長で考えることができる。例えばこの文章も繰り返し読めば、音の延長として把握できる。この曲の構成要素のすべては以下の式で表すことができる。(音の速度が秒速345mの場合)

周波数 (Hz) = 345/メートル = BPM / 60

これによって、音程、空間、テンポを一貫した方法で扱うことが可能になる。 実際の適応においてはアナログシンセサイザーのLFOの使い方を参考にしている。すなわち増幅変調、周波数変調、フィルター操作、サンプル&ホールドである。この作品は完全に並行して作曲された《ディープ・スロート》の対であり、私の作曲作品の中では例外的に政治的な作品であると同時に、人間の可聴音域以上のみを使った純粋な電子音楽作品《超人のための音楽》とも対をなす。

《超低音デュオ》は音楽の上演に、いかに低い音を、それも可聴音域以下の音を、とりいれるかを模索したものである。拡大していかなる周期的運動も音の延長で考えることができる。例えばこの文章も繰り返し読めば、音の延長として把握できる。この曲の構成要素のすべては以下の式で表すことができる。(音の速度が秒速345mの場合)

周波数 (Hz) = 345/メートル = BPM / 60

これによって、音程、空間、テンポを一貫した方法で扱うことが可能になる。 実際の適応においてはアナログシンセサイザーのLFOの使い方を参考にしている。すなわち増幅変調、周波数変調、フィルター操作、サンプル&ホールドである。この作品は完全に並行して作曲された《ディープ・スロート》の対であり、私の作曲作品の中では例外的に政治的な作品であると同時に、人間の可聴音域以上のみを使った純粋な電子音楽作品《超人のための音楽》とも対をなす。
【足立智美】

【足立智美 あだち・ともみ】
パフォーマー/作曲家/音響詩人。声、コンピュータ、自作楽器によるソロ演奏を始め幅広い領域で活動し、ジョン・ケージ、コーネリアス・カーデュー、クリスチャン・ウォルフなどの作品の上演、企画の他、ヤープ・ブロンク、坂田明、ジェニファー・ウォルシュ、リチャード・バレット、M.C.シュミット(マトモス)、高橋悠治、一柳慧、伊藤キム、コンタクト・ゴンゾ、猫ひろしらと共演、また非音楽家との大規模なアンサンブルのプロジェクトもおこなう。作品には自作のフィジカル・インターフェイス、ツイッター、脳波から人工衛星、テレパシー、骨折までを用いる。世界各地のオルタナティヴ・スペースの他、テート・モダン、ポンピドゥー・センター、ベルリン芸術アカデミーなどで公演、2012年にはベルリン・メルツ・ムジーク現代音楽祭で個展を開催、DAADより2012年ベルリン滞在作曲家としてドイツに招聘。

03/10 低音デュオ第9回演奏会


低音デュオも今年結成10周年を迎えますが、ちょっとのんびり演奏会をしていたのでこちらは第9回となります。今年は山本裕之さん、足立智美さんに委嘱をお願いし、若手作曲家川浦義広さんがコンクールに出品して残念ながらそのまま演奏の機会に恵まれなかった「アクセス・ポイントI」を初演します。その他にも準備中のものもあり、こちらで随時お知らせいたします。
現在カンフェティにて前売り券お取り扱いしております。
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=37266
みなさまのお越しをお待ち申し上げております。
続きを読む

木ノ脇道元《TORERO》(2017)解説


木ノ脇道元《正式には『21世紀の男らしさについて』通称「TORERO」》

「現代音楽」と「ルネサンス以前」という極端にかけ離れた時代の、「みんなが知らない曲」を紹介するのが「低音デュオ」の心意気だと思われる。しかし、変則的な組み合わせから生まれる特殊な響きのためのレパートリーを開発する、ということに焦点を当てるなら、誰もが知ってる曲を敢えて使うところに新しさがあるかもしれないのである。それは「ポップソング的なものを」という、彼等からの難問に応えるためのほとんど唯一の方法にも思えたのだった。
ジョルジュ・B、ロディオン・S、ピーター・Tそしてタカシ・M、シンヤ・Hに捧ぐ。【木ノ脇道元】

【木ノ脇道元 きのわき・どうげん】
フルートを武田又彦、金昌国、細川順三の各氏に師事。「演奏」と「創作」が分ちがたく結びつくあり方を模索する。Cockroach eater共同プロデューサー、アンサンブルノマド創立メンバー。2011年、自作品のみによる自作自演コンサートを開催。ジパング・プロダクツよりCD「blower」「不在の花」、Cockroach eater名義で「Perfect World」「Crazy days」をリリース。東京芸術大学非常勤講師。神奈川県立弥栄高校講師、ムラマツフルートレッスンセンター講師。
http://kinowakidogen.com

川浦義広《アクセス・ポイントI》(2013/17)解説


川浦義広《アクセス・ポイントI》

私は4年ほど前から「アクセス・ポイント」と題したシリーズ作品を作曲している。いずれも声楽と器楽のための作品であり、言葉のもつ様々な側面に焦点をあてることを主眼としている。この作品はシリーズ第1作目であり、「日本語自体を聴く」ということをコンセプトに、日本語固有の響きを捉えるアクセス・ポイントの形成と提示が作品のテーマとなっている。今回は日本語の特性である「時代ごとに変化・発展する特徴」や「時代ごとの言葉の響き」に着目し、テキストに古代から近代までの和歌集から様々な言葉を抜粋したものが用いられている。和歌、とりわけ短歌という形式に限定したのは、古代から日本語表現の形式として存在し、現在までその形式が受け継がれており、日本語の変遷を明確に描くことが可能であるという点による。
 作品は古文から現代文へと文体が推移する構造をしているが、古文においては音響的側面から言葉を捉え直し、子音や母音等音素によってテキストを分解及び再構成し、バリトンとテューバ間でその音響的特性を強調し、一方現代文においては擬態語等古歌にはあまりみられない特徴的な言葉を取り出して様々なパルス構造で提示を行うことによって文体の推移を構造化しようと試みた。【川浦義弘】

【川浦義弘 かわうら・よしひろ】
1993年埼玉県出身尚美学園大学音楽表現学科卒業、現在同大学院に授業料減免特待生として在学中。学部において授業料全額免除特待生として在籍し、3年間に渡り在学特待生に選出される。尚美学園大学優秀学生彰、尚美学園大学後援会賞、第84回日本音楽コンクール作曲部門入選、第21回東京国際室内楽作曲コンクール第2位(1位なし)受賞。作品はこれまで、アンサンブルプラティプスや東京シンフォニエッタ等内外の演奏家によって演奏・紹介されている。作曲を山下恵、小島有利子、川島素晴、渋谷由香の各氏に、ピアノを鵜木日土実、指揮を新田孝の各氏に師事。